カテゴリタブ

↓タブに過去記事をまとめてあります。ぜひ参照してください↓

2018年3月8日木曜日

マンガネタバレ感想レビュー:コハエース EX

BEFORE/マンガネタバレ感想レビュー:コハエース PLUS
AFTER/マンガネタバレ感想レビュー:コハエースXP

皆さんこんにちは。
久々のコハエースレビューです。
コハエースという名前はもうなくなってしまっていますが、まだ続いている経験値先生のTYPEMOON作品紹介(?)ギャグマンガの系譜。
これからも辿っていこうと考えているのでよろしくお願いします。

今日ご紹介するのは『コハエース EX』。
FGOでもおなじみのあの二人がついに登場するシリーズとなっています。





『コハエースEX』の見どころといえば、やはりおき太とノッブ。
後の作品にも登場し続ける彼女たちがついに登場します。

社長の病的なまで(笑)セイバー愛によって生まれた桜セイバー。
その真名は「沖田総司」。
幕末の動乱期を誠の旗のもとに駆け抜けた剣士です。

そして第六天魔王を名乗る新サーヴァント、魔人アーチャー。
真名バレバレすぎます。

というわけで登場した二人が経験値先生オリジナルの聖杯戦争『帝都聖杯奇譚』を始めようするというのが主な内容です。

そもそもなぜ『帝都聖杯奇譚』の企画が始まったかというと、このシリーズでコハエースをストーリーものにしようという話が出てきたからなんですね。
序盤は「ストーリーものといえば聖杯戦争!」「とりあえずセイバーを集めてきた!」ということでFate作品を代表するセイバーたちが集まります。
というかほとんどアルトリアの亜種なんですが(笑)

琥珀さんが「EXTRAにもう一人いるのを忘れてました」と呼ぼうとしたキャラがやばいです(笑)
というかよくEXTRAにあの人を出せましたよね。
立川にもう一人の聖人と一緒に住んでいる漫画もあるので、ブッディズムは意外と寛容なのかも(;^_^A
その割にEXTRA以外であまり出番がありませんが・・・。
FGOでセイヴァー実装待ってます!!








おき太とノッブが登場したことで『帝都聖杯奇譚』に話が移っていきますが、このシリーズの時点でかなり設定が出来上がっています。
実際なかなか面白い内容なので、そちらもおすすめです。
そのうちレビューしようと思います。

あとはいつものコハエースですね(;^ω^)
結局『帝都聖杯奇譚』が始まるのは、もう少し後の話になります。

おき太とノッブの最初の活躍が見たい方はぜひ手に取ってみてください!
それではまた。

BEFORE/マンガネタバレ感想レビュー:コハエース PLUS
AFTER/マンガネタバレ感想レビュー:コハエースXP




[関連ページへのリンク]


他のTYPEMOON作品やフィギュア等のレビューが見たい方は↓のTYPEMOON記事まとめページを参照してください。

TYPEMOON


他の書籍類のレビューが見たい方は↓の本・マンガ・雑誌 ネタバレ感想レビュー記事まとめページを参照してください。

本・マンガ・雑誌 ネタバレ感想レビュー