2017年6月30日金曜日

マンガネタバレ感想レビュー:Fate/Apocrypha 3巻

BEFORE/マンガネタバレ感想レビュー:Fate/Apocrypha 2巻
AFTER/マンガネタバレ感想レビュー:Fate/Apocrypha 4巻

皆さんこんにちは。
マンガネタバレ感想レビュー、今回の題材はFate/Apocrypha 3巻です。
ネタバレ満載の内容となっておりますので、ネタバレを避けたい方はお気を付けください。





今回の巻では、赤のバーサーカーの進撃と、全巻で逃亡を果たしたホムンクルスのストーリーが中心に進みます。

冒頭登場するのは、いまだ登場していなかった黒のアサシンです。
本来のマスターを殺し、魔術師ではないと自分で語る女性とともに行動を開始しますが、どういう風に絡んでくるのか予想がつきません。
伝説的シリアルキラーの黒のアサシンですが、本作でもその残虐性をいかんなく発揮します。
グロシーンあるので、苦手な方注意です。

ホムンクルスを助けた黒のライダーですが、ホムンクルスにその願いを問います。
ホムンクルスの願いは、「たすけて」。
黒のライダーはその願いをかなえることを誓います。

黒のライダーは理性が蒸発しているといわれるサーヴァントですが、その英雄であろうとする姿には感動させられます。
彼がホムンクルスを助けた理由は、助けを求められたから。
英雄たるもの助けを求めるものを見殺しにはできないのです。

赤のバーサーカーは、圧制者(黒のランサー)をめがけて進撃を続けます。
ホムンクルスやゴーレムではとても歯が立たず、黒のライダーと対峙することになります。
ここで登場した黒のライダーの宝具「トラップ・オブ・アルガリア」。
使用したサーヴァントの脚部を霊体化させる強力なものです。
ここでついに赤のバーサーカーの進撃が止まります。
それでも黒のランサーを目にして、なお進撃を続けようとする赤のバーサーカーに黒のランサーの宝具が炸裂します。
とらわれた赤のバーサーカーは、黒の陣営のものになるように何か処置を受けます。

この混乱の最中、黒のライダーがホムンクルスを逃がそうとするところで、この巻は終了します。

他にも、黒のセイバーとバーサーカー対赤のライダーとアーチャーの対戦や、黒の陣営側の聖杯にかける願いなど見どころがたくさんあるので、ぜひ実際に読んでみて物語を味わってください!
それではまた。

BEFORE/マンガネタバレ感想レビュー:Fate/Apocrypha 2巻
AFTER/マンガネタバレ感想レビュー:Fate/Apocrypha 4巻




[読者様へのお願い]

にほんブログ村と人気ブログランキングに参加しています。
他のサイト様の情報も見られますので、よろしければ↓のアイコンのクリックをお願いします( ^)o(^ )

<にほんブログ村>


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

<人気ブログランキング>



人気ブログランキング


他のTYPEMOON作品やフィギュア等のレビューが見たい方は↓のTYPEMOON記事まとめページを参照してください。

TYPEMOON


他の書籍類のレビューが見たい方は↓の本・マンガ・雑誌 ネタバレ感想レビュー記事まとめページを参照してください。

本・マンガ・雑誌 ネタバレ感想レビュー