カテゴリタブ

↓こちらに過去の記事がまとめてあるので、どうぞご覧ください。↓

作品別

↑こちらは作品別の過去記事まとめページです↑

サイトのご案内

当サイトでは、ポケモンやSTARWARS(スターウォーズ)、ガンダムやTYPEMOON作品など私が好きなことをマルチジャンルで記事にしていきます。
具体的な内容はLEGO(レゴ)やプラモデル、ミニフィギュアなどのレビュー、ポケモンGOやマギアレコード、FGOなどのゲーム攻略を中心にやっていこうと思います。
最近はコメント欄も復活させてみたので、何かありましたら気軽にコメントお願いします(^_^)v
ぜひ皆様も楽しんでいってください。

2018年1月11日木曜日

ポケモンGO 個別評価攻略記事1 【バンギラス】

皆さんこんにちは。
今回からポケモンの個別評価記事をシリーズ化してみたいと思います。
続けて書くかどうかはわかりませんが、現環境をにらみつつ入手法や育成法など多角的な視点から記事を書いてみたいと思います。
第1回となる今回は、前環境で猛威を振るったバンギラスの評価記事です。





〇バンギラス(基本情報)

・いわ・あくタイプ

・通常わざ
かみつく(あく)・アイアンテール(はがね)

・ゲージわざ
かみくだく(あく)・ストーンエッジ(いわ)・だいもんじ(ほのお)


〇活用法

バンギラスは非常に強力なポケモンです。
まず優秀なのがわざで、よく推奨されるかみつく・ストーンエッジ(いわゆるカミスト)は発動が早く硬直時間が短くて、相手の攻撃を回避しながらバトルすることに非常に適しています。

耐久面でも優秀なポケモンなので、相性が悪くない限り相手のポケモンに力負けすることはないでしょう。
むしろ相性が悪くても、CP差があれば勝負をひっくり返せるだけのパワーがあるポケモンです。

EXレイドでのミュウツー戦やソロレイドのフーディン戦などではストーンエッジをかみくだくにしてかみつく・かみくだく(いわゆるカミカミ)のわざ構成でエスパータイプの弱点を突くことができます。

欠点があるとすれば弱点が多いことでしょうか。
有利タイプも多いのですが、弱点となるタイプも多くジムに置いても簡単に弱点をとられてしまいます。
高CPのポケモンなためやる気が下がるのも早く、ジムに置くのにはあまり適さないポケモンかもしれません。


〇入手・育成法

バンギラスはヨーギラスの最終進化形です。
ヨーギラスは非常にレアリティが高いポケモンで、滅多に出現することがありません。
バンギラスを直接入手するには、レイドバトルが有効です。
☆4レイドのボスポケモンとしてバンギラスは登場します。
比較的人数が集まりやすいレイドバトルなので、あまりポケモンを持っていないという方もレイドに混ぜてもらえれば、バンギラスをゲットするチャンスです。
ゲットしたらあとはアメ集めですが、バンギラスのレイドバトルにまた参加してゲットすればアメがもらえますし、相棒にすることでもアメ集めができます。
野生でゲットすることはなかなか難しいポケモンなので、レイドバトルや相棒システムを活用して、ぜひ育成してみて下さい。


以上個別評価攻略記事1 【バンギラス】でした。
第三世代のポケモンが増えてきても、その強力さから使われ続けるポケモンだと思います。
レイドバトルのおかげで入手が容易になったので、まだ育成していない方はぜひ育成してみて下さい。
それではまた。

0 件のコメント:

コメントを投稿