カテゴリタブ

↓タブに過去記事をまとめてあります。ぜひ参照してください↓

2018年1月26日金曜日

雑誌感想レビュー:月刊ホビージャパン 2018年3月号

BEFORE/月刊ホビージャパン 2018年2月号
AFTER/月刊ホビージャパン 2018年4月号

皆さんこんにちは。
今回はホビージャパン2018年3月号の紹介をしたいと思います。
ホビージャパンは作例が多ジャンルでたくさん載っているのがいいところですね。
私が好きなのはキャラクターモデルなので、それが中心の紹介になってしまいますがぜひお付き合い下さい!



1.巻頭特集 10年目の「機動戦士ガンダム00」 PGガンダムエクシア徹底攻略!!

『機動戦士ガンダム00』10周年と言うことで、先日発売されたPGエクシアの作り方を中心に00の作品内容や関連作例がページをたくさん使って紹介されています。

ソレスタルビーイングのガンダムの紹介だけでなく、ジンクスやフラッグ、ティエレンなどのキットも紹介されていて、00のMSがガンダムだけでなく量産機も含めて愛されていることがよくわかります。
(私はフラッグ系が大好きです(^-^*))

特集の最後を飾ったアドヴァンスジンクス(デボラ機)はプレミアムバンダイで専用のカラーリングでキット化されたキットです。
本編には登場していませんが、人気の期待で鮮やかな赤のカラーリングが非常に映えます。
私はHGの方が好きなので、HGで出てくれたら嬉しいですが・・・、なかなか難しそうですね(^◇^;)


2.気になった作例

・MG ジム・コマンド(コロニー戦仕様)
製作・文/更井廣志(first Age)

コロニー戦仕様のジム・コマンドを地上に配備されていたという設定で作られた作例です。
ダメージ表現が非常にリアルで目を引きます。
泥や土の表現に、銃痕など派手にウェザリングが施されていてとてもかっこいいです。

・HG THUNDERBOLT 陸戦型ガンダムS型(GUNDAM THUNDERBOLT Ver.)改造
水中型ジム(GUNDAM THUNDERBOLT Ver.)
製作・文/竹内陽亮

アニメ『機動戦士ガンダム サンダーボルト』に登場する水中仕様のジムを陸戦型ガンダムS型を改造することで作られた作例です。
改造とはいっていますが、独特のランドセルや各所のハイドロジェットなどかなり自作されているパーツが多く頭が下がります。
独特のデザインの機体なので、キット化されたら作ってみたいです。

・RE1/100 ディジェ改造
ディジェプラス
製作・文/セイラマスオ

ホビージャパンエースモデラーのセイラマスオ氏が作ったのはガンダム顔のディジェ。
発想としてはよくあるものだと思うのですが、独自設定でGP04ガーベラとの関連性を持たせてガーベラのパーツをかなり流用することでかなりガンダムらしい機体へと変貌を遂げています。
いつもの淡いカラーリングやマスオディティールも見事にマッチしていてすばらしい作例に仕上がっていると思います。

・MG ケンプファー使用
ケンプファー 対NT-1用 チョバムアーマー装備
製作・文/YU(SDR)

元ネタはなんとBB戦士40番ケンプファーのコミックワールド(笑´∀`)
BB戦士にも付属しているケンプファー用のチョバムアーマーをMG用に作ってしまったという異色作です。
これが見事にマッチしていて、作例を担当したYU氏は見事と言うほかないと思います。
ネタ的な作例ですがかなりかっこいいのでぜひ雑誌を手にとって見て頂きたいと思います。

・HGUC ガンダムGP01ゼフィランサス
製作・文/JUNIII

この作例はHJガンプラモデラーズ列伝というホビージャパンの主力モデラーの皆様に制限なしに作例を作ってもらうという企画のものなのですが、シンプルにかっこいいと思ったので紹介します。
HGUCゼフィランサスというと少し古いキットなのですが、フェイス部や可動範囲など気に入らないところを作り直すことで、スタンダードにかっこいい作例に仕上がっています。
あらためて古いキットを作ってみたくなる、そんな気分にさせてくれる作例だと思います。

・BB戦士武神頑駄無
製作・文/松田竜

ほぼ毎回連載されているSDガンダム列伝。
古いBB戦士を最新のフォーマットに作り直すという企画が多いですが、今回は『天下統一編』より武神頑駄無を作り直しています。
フェイス部を見たときに、
「三国伝のZ系キットを使ってるんだろうな~」
とか思っていたんですが、なんとフェイス部は元キットを使っていました(゜Д゜)
かなり元キットのパーツを使いつつ、最新のフォーマットに仕上げていてとても感動しました。
ぜひ雑誌を手に取ってみていただきたい作例です。


以上、月刊ホビージャパン 2018年3月号の雑誌感想レビューでした!
とてもいい作例ばかりで、とても楽しく読めた雑誌だったので紹介記事を書くことができて良かったです。
ぜひ多くの方に実際に手にとって眺めていただきたいと思います。
それではまた。

BEFORE/月刊ホビージャパン 2018年2月号
AFTER/月刊ホビージャパン 2018年4月号


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]
Hobby JAPAN (ホビージャパン) 2018年 03月号 [雑誌]
価格:972円(税込、送料無料) (2018/1/26時点)

関連コンテンツ