カテゴリタブ

↓タブに過去記事をまとめてあります。広告を挟んで下段はカテゴリ別の過去記事まとめページとなります↓

2018年4月12日木曜日

一番くじプレミアム TYPE-MOON ~10周年記念~ きゅんキャラ アルクェイド レビュー

皆さんこんにちは。
原作ゲーム未プレイですが、漫画版を読んで月姫のファンになったなま1428です。
佐々木少年先生の漫画版月姫『真月譚 月姫』は素晴らしいですね。
未来への希望があふれるラストシーンは感動させられました。
今回レビューするのはそんな月姫のメインヒロイン、アルクェイド・ブリュンスタッドのきゅんキャラです。
少し前のものですが、非常に安定したいい出来のフィギュアとなっています。





アルクェイド・ブリュンスタッドは吸血鬼の祖たる真祖の姫君。
転生を続け暴虐の限りを尽くす死徒、ミハイル・ロア・バルダムヨォンを殺し続けるのが彼女の役目でした。
そんな彼女が主人公遠野志貴にいきなり殺されてしまうというのが衝撃的な月姫の幕開け。
ただ殺されただけでは死なない彼女が再び志貴の前に現れ、
「わたしを殺した責任、ちゃんととってもらうんだから 」
とロア討伐の手助けをさせるのが月姫のアルクルートのあらすじです。


吸血鬼である彼女の眼は赤い眼。
相手を魅了してしまう魔眼です。


TYPEMOON10周年を記念して立体化されたものの一つなので、衣装はTYPEMOONのお祭り作品『カーニバルファンタズム』と連動したもの。
制服風の衣装が可愛いですね。


この衣装も可愛いですが、個人的にアルクェイドといえばロングスカート。
リメイク版ではミニスカートになっていますが、あれはあれでいいですね。
月リメ期待してます(^-^;


フィギュアとしては、安定安心のきゅんキャラシリーズなので、個人的には申し分ないと思います。
キャラクターのイメージを損ねていませんし、いい具合にディフォルメされていますね。


くじの景品とは思えないくらい塗装もきれいです。
肌のテカリもなく、落ち着いた質感となっていて素晴らしいです。


以上、一番くじプレミアム TYPE-MOON ~10周年記念~ きゅんキャラ アルクェイドのレビューでした。
『カーニバルファンタズム』の衣装で立体化されたアルクェイドですが、とてもよくできています。
TYPEMOON10周年記念というかなり時期がずれた古いものなので、新品が売っているところはまずないと思いますが、大量に流通しているので中古屋に行けば見かけることも多いと思います。

月姫はあまり新展開がないので、新しいファンの方というのもなかなかいないのではないかという気もしますが、新しくファンになってアルクェイドのフィギュアが欲しい!という方やアルクェイドのファンだけどこのフィギュアは知らなかった!という方はぜひ中古屋等で探してみてください!

アルクェイドについて知りたい方は、ぜひ私の『真月譚 月姫』のレビューをどうぞ!
真月譚 月姫 1巻
真月譚 月姫 2巻
真月譚 月姫 3巻
真月譚 月姫 4巻
真月譚 月姫 5巻
真月譚 月姫 6巻
真月譚 月姫 7巻
真月譚 月姫 8巻
真月譚 月姫 9巻
真月譚 月姫 10巻
おもしろそうだと思ってくださった方はぜひマンガを読みましょう!
電子書籍化もされています!!

最後はマンガの宣伝のようになってしまいましたが(汗)、アルクェイドのフィギュアのレビューでした(;^ω^)
それではまた。